Menu

クールな大人の男の服

メンズ

お洒落過ぎないのがよい

WACKOMARIAは2005年に設立されたメンズのファッションブランドですが、異色のデザイナーとデイレクターが手がけたブランドであることはご存知でしょうか。デザイナーが森敦彦氏、デイレクターが石塚啓二氏がタッグを組んで設立したのですが、二人は元々Jリーグのサッカー選手でした。森敦彦氏はサッカー選手として活躍している頃から、ドレッドヘアで試合に出場し日頃からレゲエ音楽を愛好していたのでレゲエくんというニックネームで呼ばれていました。若くして現役を引退した二人は、ラテン語でへんてこマリアの意味を持つWACKOMARIAを立ち上げたのです。WACKOMARIAのコンセプトに酒と女に音楽それにハットを愛する男をテーマにしており、カジュアル路線からテーラードまでもシリーズ化されています。デザインにオリジナル性が高いので、他のブランドとは一線を画した雰囲気を持っているのが魅力的です。他のブラントと比べると若干割高感がありますが、全て日本製であるため価格は高め設定になっています。しかしその分縫製がしっかりとしており、品質には自信があるので長期間の使用に耐えてくれるでしょう。シャイな性格の人が多い日本人男性は、お洒落過ぎる服装や格好をつけ過ぎるのを避ける傾向にあります。ほどよくクールで格好よいWACKOMARIAは、まさに日本人男性の好みにマッチしているメンズのファッションブランドといえるでしょう。WACKOMARIAを扱っている店舗はありますが、遠方に住んでいる人や忙しくて買いに行く時間がないのなら通販サイトを利用してください。

Copyright© 2018 ジュンハシモトの魅力【大人のためのカジュアルアイテム】 All Rights Reserved.